フリーランスナースSaori

看護師として様々な働き方をして13年。フリーランスナースとして生きていく事に決めました。福岡県在住🏠九州ナースコミュニティ所属。YouTube→ナースsaori で検索

【ミニマリストへの第一歩】物を減らしたければ、まずは洋服から手放す

今回は

持っている荷物を手放したい、見直したい人に向けて

まず初めに洋服から手放すことのメリットについて書いてみました。

 

もくじ

 

 前提として私はミニマリストではありません。

ただ、この1年ほどでかなり物を減らしました。

洋服は150着ほど持っていたのが38着に減りました。

靴に関しても20足くらいあったのが、8足ほどになり

コスメに関してはドレッサーを手放し、今は無印の化粧ポーチに収まるほどです。

 

更には、頭の中の整理もでき

人間関係や、仕事の考え方もシンプルに考えられるようになりました。

そこに関しては、前回のブログでも書いているので

興味がある方は見て頂けると嬉しいです。

 

freelance-nurse.hatenablog.com

物を減らすだけでメリットがかなりあるなと私自身実感しています。

そんな私が、まず減らしたものが

「洋服」

でした。

私自身が実際に洋服から見直して感じたメリットをお伝えします。

 

おしゃれに関するものは実は手放しやすい

まず、何から手離そうか、減らそうかと考えたときに

物には2種類の分類があるなと思いました。

 

 

 実用的なもの

テンションをあげてくれるもの

 

「実用的なもの」とは普段の生活で使用するものです。

キッチン周りの物、洗剤、タオル、家電など...。

日常生活で必要なものです。

 

「テンションをあげてくれるもの」とはなくても生活に困らないけど、あると気分をあげてくれるものです。

例えば、ゲームとか、好きなキャラクターのグッズ、雑誌、本などです。

 

そしてこの2つが交わっているものもあります。

洋服、靴、コスメなどです。

洋服も靴もコスメもなくては生活出来ないし、そして人によっては気分もあげてくれるものだと思います。

私だと、食器なんかもそうです。

かわいい食器は心ときめくし、食器がないと生活できないものです。

ここの2つが交わるところは人それぞれかと思います。

f:id:freelance_nurse_saori:20191209155244j:image

この2つの分類がある中で私は

まずは

「テンションあげてくれるもので、自分だけの所有物を見直そう」

と決めました。

理由は、「実用的なもの」は家族と兼用しているものが多いし、実用的なものがなくなると生活スタイルが変わると思ったからです。

例えば、バスタオルを手放すと私が決めても

家族はバスタオルを使うので勝手に捨てられないし、バスタオルを手放したらそれに代用するものはどうしたらよいか考えなくてはいけません。

 

その点「テンションをあげてくれるもの」は、少し減らしても生活スタイルが変わることはないと思います。

そしてそれらを手放しても、手放した物のことを考え後悔することもないと思います。

実際私はそれらの物を手放して後悔したことがありません。

テンションをあげてくれると思っていた物は実は「不要なもの」だったという経験が何度もあります。

また、自分だけのものであれば家族に迷惑かけることはありません。

 

なので、「テンション上げてくれるもので、自分だけの所有物」を考えた結果

おしゃれに関するものだなと思いました。

具体的に言うと、洋服、靴、コスメでした。

もしかしたらここが、人によっては本だったり、アニメのキャラクターグッズの人もいるかもしれません。

でも、私に関してはおしゃれに関するものが圧倒的に数が多くありました。

女性の方で物が多い方は当てはまるのではないでしょうか。

まずは自分にとって「テンション上げてくれるもので、自分だけの所有物」は何かを考えてみるといいかもしれません。

 

面積を多くとっているものを減らすと部屋が片付いて見える

 

私が、洋服、コスメ、靴の中から一番最初に見直したものは

洋服からでした。

理由は

 

一番数が多い

面積を一番とっている

 

からです。

ミニマリストのかたのYouTubeを見ていると

皆さん余白を大事にされています。

なので私も余白をまず作ろうと思い、クローゼットの面積を占めている洋服から取り組みました。

とは言っても、いきなり150着を38着に減らしたわけでもなく

まずは20着減らし、次に30着減らし100着になり

80着になり、60着になり、50着になりと段々と減らした感じです。

服を減らし、クローゼットの中がパンパンだったのが、クローゼットの半分くらいに洋服も収まりました。

そうすると、片づけてはないのに物を減らしただけで部屋がスッキリ見えました。

部屋が片付いて見えるとさらに物を減らしたい、見直したい意欲が湧き、いろんな物を減らすきっかけとなりました。

 

 

このように私にとっては

最初洋服から見直したことでかなりの物を見直すことができました。

結果、メリットしかありません。

何から手放していいか迷うという人はとりあえず

洋服から手放すことをおススメします。

 

 

12月に入り、大掃除の時期ですね。

先ずは片づける前に物を手放す、見直すことからいかかでしょうか?

 

では、では今日はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。