看護師不適合者かもしれない。

それでも看護師にすがり生きている

【看護師必見】派遣で働くメリット、デメリット

 

こんにちは。

saoriです。

今日は派遣で働く看護師のメリット、デメリットについてお話ししたいと思います。

 

 

前回はクリニックで働く看護師のメリット、デメリットについて書いてます。

興味のある方は見て頂けると嬉しいです。

 

 

freelance-nurse.hatenablog.com

 

 

私は、派遣会社に登録し3ヶ月間働いた経験があります。

今回はその経験を元にまとめてみました。

 

 

派遣ナースのコミカルなお仕事

派遣ナースのコミカルなお仕事

  • 作者:速水ユウ
  • 発売日: 2014/12/22
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 

 

目次

 

 

 

メリット

 

決められた期間ががっつり働くことができる

 

まず、派遣はアルバイトよりも時給が良いところが多いです。

正職員と比べるとボーナスはありませんが、派遣会社に登録しており社会保険は正社員同様加入する事ができます。

そして、募集した期間のみがっつりと働けるので、期間を決めて働きたい人にとっては働きやすいのではないでしょうか?

 

委員会や係、勉強会参加はほぼない

これは、その病院に登録してるわけではなく、派遣会社に登録してるので、委員会参加はほぼありません。

たまに勉強会参加もありますが、業務時間外にあるものには参加することは少ないかと思います。

 委員会や係りの仕事がしたくない人にとってはおススメです。

残業がほぼない

 

上記にも書きましたが、業務時間外に勉強会の参加をするということは少ないと思います。

と言うのも、派遣は時給換算なので、残業するとサービス残業とならず、残業代が発生します。

そのため、派遣はなるべく定時であげる病院が多いかと思います。

私が派遣で働いてた時も残業はほぼなかったです。

定時で帰りたい方にはオススメですね。

 

デメリット

 

もし正職員になりたくても求人がなければ契約終了となる

 

 例えば、3ヶ月という期間で働いていて

その間に病院が気に入ってずっと働きたいなと思ったとします。

その場合、病院が求人を募集していたら

派遣から正職員となる場合はあります。

しかし、募集がない場合は派遣期間終了となったら働くことができません。

 

よくあるのが、産休代行のための派遣で働くときです。

産休の看護師が帰ってきたら、契約終了となってしまう場合があります。

 

短期間で働く目的だったら好都合ですが、

働き続けたいと途中で思っても正職員や契約継続とならない場合もあることを覚えておきましょう!

 

ボーナスはなく、昇給もほぼない

 

派遣は契約時の時給で契約を結んでいるので

時給がアップすることはほぼありません。

また年齢や経験を考慮することもあまりない為、募集時の時給で働く事が多いかと思います。

経験豊富なベテランナースの方は、少し不満に思う方もいるかもしれませんね。

 

職場にもよるが、ある程度経験を求められることもあり

 

派遣で働く看護師は、即戦力を求められる場合が多いです。

そのため、ある程度の経験を求められる事があります。

もちろん、全ての職場がそうとは限りませんが

不安な方は事前に聞いておいた方がよいかもしれません。

 

 

いかがでしたでしょうか?

これから派遣で働こうか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

 

では、では〜。

 【看護師の働き方まとめ】はこちらから↓

 

freelance-nurse.hatenablog.com