看護師不適合者かもしれない。

それでも看護師にすがり生きている

【看護師転職】面接で失敗しない3つのコツ

 

どうも。

saoriです。

今回は、私が面接の際に実際に気をつけている3つのコツについて述べたいと思います。

何を隠そう私は転職10回もしています!笑

10回の転職が気になる方はこちら↓

freelance-nurse.hatenablog.com

 

 

その為、それなりに面接は突破してきているんですね。

私の失敗談も含め今回は紹介していきます。

目次

 

退職理由は正直に述べてもいい→そのかわり今後のポジティブな目標も言うこと

 

私的には、退職理由って隠さなくてもいいと思うんですよね。

と言うのも、面接している方もそれなりに面接官として場数踏んでるので、嘘はバレます。

嘘ついてバレた時の方が、気まずいし採用が白紙になっても困りますしね。

なので面接の時点で正直に言っても良いと思います。

その代わり、今後はこうなりたい、こうしたいを添えて下さい。⇦それが志望動機となることもあります。

 

例えば…

【人間関係で辞めた。】

なら

「人間関係でチーム医療ができず、努力したのですが仕事に支障が出たので辞めました。

今後は、スタッフと協力してチームで患者様をケアしていける様な病院で働きたいと思っています。」

とか

体調不良で辞めた。】

なら

「夜勤や残業が続き、体調を崩してしまい仕事が続けられず退職しました。

退職後は、病院に通院し現在は主治医から仕事復帰可能と言われています。

今後は、日勤から徐々に慣れていきいずれは夜勤もしたいなと思っています。」

みたいな感じですかね。

体調不良で退職した人は

そんな残業が多い病院とか、夜勤が多い病院とかで働きたいと思う人はいないと思うので

正直に言っても良いと思うんですよね〜。

 

もし病院側が

「いやーうちは夜勤も残業も多いよ?」

って言われたらその時点で辞めた方がいいと思います。

また体調崩したら元も子もないし。⇦体が一番大切ですよ(๑╹ω╹๑ )

 

あとは、

結婚】【介護】などが理由の場合、そのまま言っても良いと思いますが

「親の介護をしていますが、親の病院通院の時に希望休みが取れれば常勤で働けます。」

とか

「子供がいるので夜勤はできませんが、○○の分野でスキルアップしたいと考えてます。」

とかポジティブなことをくっつけてあげると良い気がします。

志望動機→その病院はどの様な病院かを調べた上で自分のやりたい事を述べる

 

これは私の失敗談からお話しします。

私は数年前に【リウマチケア看護師】という資格を保有してました。⇦現在は、更新してないので持ってないです。

保有してる時に

「資格は書いといた方が面接の時有利だろう」

そう思いとある個人病院を受ける際に履歴書に書きました。

しかし面接時に看護部長さんから

「うちは、リウマチ科もないし、リウマチの患者さんもいないから勉強させてあげられない。またママさんナースも多いから、病院外の勉強会にも行かせてあげられない。」

そう言われました。

 

その時、「しまったー!」って思いましたね∑(゚Д゚)

この病院は、転職仲介会社から勧められるがままに行った病院で、はっきりいって全然病院のことをリサーチしていませんでした。

 

私が保有している資格にリウマチケア看護師と書いた事で、看護部長さんも

「リウマチの分野で活躍したいならうちの病院は無理だよー。」

と思って言ってくれたのでしょう。

今思えば優しさですよね。

 

私はその時初めて、資格も持っていても転職したい病院が欲しい資格でなければ意味がないのだなと実感しました。

 

以上の失敗から

相手(病院)が求めている人材(欲しいと思う人材)を調べた上で

志望動機は述べる、履歴書は作成する必要があることを学びました。

 

例えば、先程の病院だったらママさんナースが多いって事なので、

「結婚して、子供が産まれても長く働いていきたい。」とかですかね。

あくまでポジティブな理由ですね。

 

もちろん

【○○○科を学びたい。スキルアップしたい。】

とか、

【○○の分野で活躍したい】

はありだと思います。

 

ちなみに

【家の近くだから。】

とか

【給料いいから。】

とかは自分の希望ですが、自分のやりたい事ではないですよねσ(^_^;)

 

たとえ、本当の志望動機だったとしても

【自分はこれからどんな看護師になりたいか。】

【どの様な勉強がしていきたいか。】

【どんな働き方がしたいか。】

【病院の求めている人材】

がすり合う様な志望動機が良いと思います。

 ここだけは譲れないという事は面接時に聞いてみる

 

 

ここは「働いてから失敗した!」

とならない様に大切かと思います。

 

正直、自分の理想が全て叶えられる職場ってなかなかないと思います。

でも、出来れば少しでも理想の職場で働きたいですよね。

その為には、まず譲れないポイントを面接で言う事や確認する事は大切です。

例えば

やりがい】を感じたいのなら実際にどんな風な仕事内容なのか、勉強会があるのか聞いてみる

オンオフきっちり分けたい】なら何時くらいまで仕事しているのか、有給消化率や、夏期、冬季休暇はどのくらい取れるのか聞いてみる

人間関係】なら、病棟の平均年齢とか、新人看護師とか中途採用の看護師はどのくらいいるのか聞いて自分と同い年の看護師や同じ立場の看護師がいるか探ってみる

給料】なら、月に何回夜勤があるのか、手当てはどの様なものがあるかを聞いたりして大体の給料を予測する、病院によっては経験年数考慮して給料を計算して出してくれる所もある

 

いかがでしょうか?

ちょっと、これを言うの勇気いるなぁーと思うかもしれませんが、

何も質問しないよりも

質問した方が働きたいと言う意欲が感じられて印象良いのではないでしょうか?

直球で

「人間関係いいですか?」

って聞くと印象悪くなるかもしれませんが

「私と同じ歳、同じママナース、同じ中途採用の看護師はいますか?」

と柔らか〜く聞いて探ってみてください。

 

面接時に勇気を持って聞くことで

転職後のギャップに苦しまなくてすむかと思います。     

 

以上、3つの面接で失敗しないコツを述べてみました。

まとめると

 

・退職理由は正直に述べてもいい→そのかわり今後のポジティブな目標も言うこと

・志望動機→その病院はどの様な病院かを調べた上で自分のやりたい事を述べる

・ここだけは譲れないという事は面接時に聞いてみる

 

 

ぜひ、参考にして頂き転職に役立てて頂けたら嬉しいです。

 

ちなみにどこに転職しようか悩んでいる方はこちらも参考になるかと思います。↓

 

freelance-nurse.hatenablog.com

 では、では

 

 

 

看護師採用試験 面接試験攻略法

看護師採用試験 面接試験攻略法

  • 発売日: 2017/12/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

書くべきネタが思いつく 看護医療系小論文 頻出テーマ15

書くべきネタが思いつく 看護医療系小論文 頻出テーマ15

  • 作者:箕曲 在弘
  • 発売日: 2013/11/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)